3ヶ月の次男の夏服を、主人と義妹と一緒に買いに行きました。
義妹は「次男氏のお産祝いをまったく買っていないから、考えも聞きたいし、一緒に買いに行きたい!」と言って、着いてきました。
「次男氏のためにも、適当に選んですぐ買って帰ろう。」と、予め主人と話していたにもかかわらず、お暖簾にはとても素晴らしい企画の夏服がたくさんあって、結局、まったく迷ってしまいました。
腹一杯買いたかったけれど、とにかくまた大きくなって、着れなくなってしまうので、頑張って取捨選択しました。
義妹は「何に決める?!」と、ますます迷っていたのですが、たまたま手にした発車用の帽子を次男氏に試着させたら、思い切り似合っていたので、「素晴らしい!これにやる!」と、即決していました。
夏服と一緒に、ずっと買おうと思っていたおもちゃが売っていたので、買いました。
夏服もおもちゃも、義妹が買ってくれた帽子も、気に入って受け取るといいな、と思いました。アコム 土日 融資